リアル就職活動トップページ自己分析など必要ない

自己分析など必要ない

就職活動中、自己分析をしたほうがいいという話を聞いてやりましたが、はっきり言って何の役にも立ちませんでした。

自己分析が必要だという人の見解は、自分にあった職業を探すために自分自身の秀でているところ、興味のあること、得意なことを知る、とまあ大体こんなところでしょう。

誰もがこの作業に多くの時間を費やしているようですが時間の無駄ですよ。

自分の得意なことや興味のあることなんか、ちょっと本音で考えれば分かることで、わざわざ熟考する必要なんかないんですよ。

逆に、「自分は何も得意なことがないな・・・」とか「特別これといって興味のあることなんかないな・・・」とへこむだけです。

こういうことはポイントをしぼってやればいいんです。

面接でよく聞かれるポイントだけ書いておけばいい。

よく聞かれるポイントは3つ。

①長所・短所
②学生時代に何をしてきたか
③将来自分がどういう風になりたいか

コレだけやっておけばいいです。

だれも本当のことを言わないのでオレが言ってやる!

自己分析は面接でよく聞かれるポイントをしぼってやるべし!

スポンサードリンク


【←前へ】労働力の市場価格 情報【次へ→】


[PR]

電話関連

就職活動サイト関連

就職活動に必要なもの

就職活動ファッション

運営に関して

スポンサードリンク

Copyright (C) リアル就職活動 All Rights Reserved.