リアル就職活動トップページ面接の時にどうしても緊張してしまう人が読んでおくべき6つの記事

面接の時にどうしても緊張してしまう人が読んでおくべき6つの記事

面接のときにどうしても緊張してしまう…

そういう人も多いのではないでしょうか?

緊張しないということはかなりの慣れが必要です。しかし、場数を踏んでいないときにはどうしても緊張してしまうものです。

そんな人の為に面接の時にどうしても緊張してしまう人が読んでおくべき6つの記事を紹介します。

▽①人見知りが考えた、面接のときに少し楽になれる3つのアイディア

1.笑顔をつくる
2.面接官の良い所を見つける
3.面接官の目ではなく鼻の頭辺りを見る
など、非常に実用的なことがまとめられています。

▽②超てきめん 緊張 解消法

目をつぶり、お腹に手を当てて。1.2.3.4拍で鼻から息を吸い、同じく1.2.3.4拍で鼻から息を吐きます。これを4回繰り返すだけ。
シンプルですが実際に医学的に証明されているものですので参考になります。

▽③プレゼンの時に緊張しないコツ

緊張はしてます。でも一過性であると知っています。
最悪どうなるかを想像して、開き直る
準備しているから
こちらの記事はプレゼンを想定して書かれていますが、面接も同じようなものです。特に、あらかじめ万全の準備をしておくことが緊張しないコツと書かれている点は注目です。

▽④あがり症を克服する話し方教室

「あがり症を克服するには話し方の改善が一番の近道です。」
話し方を改善することで自信をつけて緊張を克服しようというものです。

▽⑤人はどうして緊張するのか

脳医学、生理学に基づいた「本番に強くなる方法」 ・本番前に深呼吸をする
・姿勢を正す、体を動かす
・イメージトレーニングを取り入れる
・朝起きたら光を浴びる
医学的な観点から緊張をどのように克服するかを書かれています。

▽⑥プレゼンの時、声が震えて、心臓がバクバクして、汗が噴き出し、自分で何を話しているのかがわかんなくなって、会議室から逃げ出したくなることはありませんか。

・場数を多く踏むと、それなりにその後の展開が見えてきたりします。その数を増やすことは大切です。
・あなたのプレゼンが下手くそだったくらいで、物事は大きく変わったりしない、ということを知ることです。
・プレゼンが上手にできない人は、嘘をつくのが苦手な人でしょう。嘘をつきたくても、顔に出るんじゃないか、とすぐに不安に思ってしまう人でしょう。
なぜ緊張をするのかというと、「嘘をつくのが苦手だから」という話が非常に印象的です。説得力のある記事です。


緊張を克服する方法にも様々あります。「面接の時にどうしても緊張してしまう人が読んでおくべき6つの記事」を参考にしてみてください。

スポンサードリンク


【←前へ】適正を客観的に判断する


[PR]

電話関連

就職活動サイト関連

就職活動に必要なもの

就職活動ファッション

運営に関して

スポンサードリンク

Copyright (C) リアル就職活動 All Rights Reserved.